年齢別で考えたい美白美容液の選び方

20代の美白美容液の選び方

20代ではまだシミの悩みはそれほど深刻ではありません。まだはじめていないという方も多いはずです。

20代のシミ対策は30代以降に悩まされないためにも早めにケアを

ただシミは一度できてしまうと解消するのがとても難しいですから、30代以降に悩まされないためにも早めにケアをはじめておいて損はありません。

 

そんな20代の美白美容液の選び方では前半と後半で事情がかなり異なってきます。

 

後半になると肌の衰えを実感する機会が多くなるため、エイジングケアの一環として行っていく必要も出てきます。

 

一方前半はまだ肌が若くターンオーバーも活発なため集中ケアよりもシミの原因となるような肌の健康状態の悪化を防ぐことが重要になります。

 

この点を考慮しつつ自分の年齢や肌環境に合わせた美白美容液を選んでいきましょう。

 

肌が健康で刺激に対する抵抗力もあるので強い効果のある美白美容液が使いやすいのも20代の特徴です。

すでに出来てしまったシミにはハイドロキノンを試してみたい

もしすでにシミができてしまった場合にはハイドロキノンを配合した美白美容液を試してみましょう。

 

ハイドロキノン配合の美白美容液は濃度によって肌への刺激と効果が異なっており、1〜5パーセントの範囲内で自分に合ったものを選んでいくことになります。

 

もちろん年齢だけでなく生まれつきの肌質もありますから、安易に刺激と効果が強いものを選ぶのは厳禁ですが、刺激よりも効果の方を重視して選んでみるとよいでしょう。

 

ただし、20代の美白対策では美白成分と同じくらい、あるいはそれ以上に総合的なスキンケアが重要になります。

 

極端な日焼けによるメラニン色素の増加やターンオーバーの乱れによる沈着がシミの原因を作ってしまうこともあります。

 

20代はまだ若いということもあり、不規則な生活習慣を送りがちですから、美白成分だけに頼らず、広く生活環境の改善も含めた対策を行っていく必要があります。

 

そしてこうした対策が肌の老化を遅らせ、30代以降の美白ケアをずっと楽なものにしてくれます。

 

美白美容液を選ぶ際にも美白成分に加えてビタミンCやビタミンB群といった肌の健康づくりに役立つ成分が含まれているかどうかをチェックしておきましょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

30代の美白美容液の選び方

30代は本格的な美白対策をはじめる重要なターニングポイントです(※30代の基礎化粧品の選び方)。

30代は美白以外のスキンケア効果のバランスも重要

この時期にどれだけ適切な対策を行うことができるかで後のシミの悩みの程度が異なってきます。

 

一方、すでに老化がはじまった影響からシミが増え始める時期でもあり、予防と対策をうまく両立させながら行っていくことも大事です。

 

そのため、30代の美白美容液の選び方では美白効果とそれ以外の効果のバランスが重要なポイントとなります。

 

美白効果でメラニン色素の生成を抑制し、できてしまったシミの解消を目指しつつ、シミができにくい肌環境も美容液で目指していく必要があるからです。

 

そのためにはターンオーバーの改善、老化と乾燥対策といったエイジングケアの基本もしっかり踏まえておくことが大事です。

 

お勧めなのがビタミンCが配合された美白美容液です。

 

この成分にはメラニン色素にアプローチする美白効果と、肌の老化による乾燥やハリの低下を改善する抗酸化作用が備わっているからです。

 

他にもターンオーバーを活性化させるビタミンEやプラセンタエキス、レチノールといった成分が配合された美容液を選んでいきましょう。

肌への刺激のバランスも考慮しながら美白化粧品を選びたい

それから美白効果と肌への刺激のバランス

 

この点こそ年代別の美白美容液の選び方のポイントとなります。

 

30代前半はまだ肌の老化がそれほど進行していませんから、少々刺激が強い美白成分でも支障をきたすことなく使っていくことができます。

 

もちろん肌質によって支障をきたすレベルが異なってくるので注意が必要ですが、すでにシミができてしまった場合にはハイドロキノン配合の美容液で即効性を期待するのもひとつの選択肢です。

 

1〜3パーセント程度の比較的濃度の低いものから試してみて効果を見極めながら必要に応じてより濃度の高いものへと切り替えていきましょう。

 

4〜5パーセントの濃度の高いハイドロキノン配合の美白美容液が使用できるのは30代までと考えてよいですから、使えるうちにシミをできるだけ解消していく対策も求められます。

 

老化がはじまったことによる対策と、老化が急速に進行していく40代以降への備えの両方を行っていくことになる30代の美白ケアではケースバイケースで美容液を変更しながらつねに適切な環境で行っていくことが求められます。

 

40代の美白美容液の選び方

40代は肌の衰えが急速に進行する時期です。シミはもちろん、シワやたるみといったさまざまな肌トラブルも進行していきます。

40代はすでにシミの悩みがあることが多く即効性が求められる

そのため美白美容液選びでは肌の老化具合も見極めながら適切なものを選んでいくことになります(※40代の基礎化粧品の選び方)。

 

40代になるとすでにシミができていることが多くなるため、予防よりも解消を優先にして美白対策を行っていく必要があります。

 

そのため美白美容液にも即効性が求められるわけですが、その際には肌の老化とよく相談して行っていくことが大事です。

 

シミが目立つようになるとどうしても焦ってしまい、できるだけ早く薄くしたい、解消したいと効果が強い美白美容液を選ぶ傾向があります。

 

しかし効果が高いほど肌への刺激が強くなるため、老化が進んだ40代の肌には適さない可能性があるのです。

 

また、市販されている美白美容液の多くはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制するのタイプのもので、すでにできてしまったシミを薄くする直接の効果は備わっていません。

 

ですからシミが増えてくる40代のケアではシミそのものにアプローチして効果を発揮する還元作用を備えた美白美容液が求められます。

 

この条件を満たしている美白成分は2つ、ハイドロキノンとビタミンC誘導体です。

ハイドロキノンは少しでも刺激を感じたら使用を中止する

判断が難しいのがハイドロキノンです。

 

肌の漂白剤とも呼ばれるように非常に優れた美白効果を備えている一方、肌への刺激が強いため慎重に扱っていく必要があります。

 

40代の方がこの成分を使用する場合にははじめは1〜2パーセント程度の濃度が低く刺激が少ないものから試してみましょう。

 

そして少しでも肌に刺激を感じた場合にはすぐに使用を中止することが大事です。

 

一方ビタミンC誘導体はハイドロキノンに比べて効果が劣りますが、刺激が弱く年齢肌の使用にも適しています。

 

この選択の肌の環境やシミの濃さなども考慮したうえで慎重な判断が求められます。

 

このように、40代の美白美容液選びでは肌の老化に合わせていかに負担をかけずに今あるシミを解消していけるかが鍵となります。

 

30代の頃以上に慎重に、そして適切な製品を選べるよう心がけていきましょう。

 

50代の美白美容液の選び方

50代の美白美容液の選び方になると「どこまで効果を目指すのか」が重要なポイントとなってきます。

50代は刺激の強い美白美容液は逆に肌に悪影響を与える

実際問題として50代の段階でシミがまったくない肌を目指すのは現実的ではありませんから、どこまでシミを薄くしたいのか、そのためにどれだけケアをする気があるのかをよく考えておく必要があります(50代の基礎化粧品の選び方)。

 

それからもうひとつ、美白成分がもたらす刺激にも注意が必要です。

 

50代になるとシミが濃くなっていく一方、刺激に対して敏感になりますから、シミに合わせて効果が強い美白美容液を使用すると肌に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

肌の健康状態、美白成分の副作用によるトラブルの予防という観点からも「どこまでやるのか」が重要になってきます。

 

そんな50代の美白美容液選びの鍵となるのがハイドロキノンです。

 

すでにできてしまったシミを薄くする強力な作用を備えている一方、刺激が強いため50代の肌には適さない可能性があります。

 

使用する場合には念のため濃度が低い1〜2パーセントの濃度も美白美容液から試してみましょう。

 

これぐらいの濃度ですと効果を実感するまでに半年くらいかかりますから、継続して使用することによるダメージの蓄積もよく確認したうえで使っていく必要があります。

シミを薄くするよりもシミを増やさないための対策を優先したい

また、最近では従来のハイドロキノンよりも低刺激で安定した効果が得られる新安定型ハイドロキノンという新しいタイプも登場していますから、ハイドロキノン配合の美白美容液を探していく際には意識してチェックしていくとよいでしょう。

 

50代の場合はできてしまったシミを薄くするよりもこれ以上シミを増やさないための対策の方を優先すべきです。

 

20代、30代とは別の意味で予防が重要になるわけです。

 

そのため無理に刺激が強いハイドロキノンを使用するよりもビタミンC誘導体やアルブチンといった効果が劣る一方低刺激な美白成分を使用している製品の方がより現実的な選択肢ともいえます。

 

このように、50代の美白対策は40代までとは異なる現実的な視点に立った選択が求められます。

 

他のエイジングケアも視野に入れたうえで適切な美白美容液を選んでいきましょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>