ニキビ跡がシミになってしまった場合の対策法とは?

ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それぞれに合った予防・対策が求められます。そのなかでもとくにできやすく、日常のスキンケアでの対策が重要なのが色素沈着によるシミです。

ニキビ跡の解消に美白化粧品は効果が得られない可能性が

ニキビ跡のシミ

シミといえば紫外線のダメージによってできるもの、というイメージが強いですがこれには活性酸素が深くかかわっています。紫外線のダメージから保護するために生成された活性酸素がメラニン色素の増加をもたらし、それが沈着を起こすことでシミになるのです。

 

しかしこのメラニン色素が増加するメカニズムは紫外線の影響だけでなく肌への刺激全般で起こります。ニキビによる肌の炎症もそんな刺激のひとつで、炎症が進むにつれて防御反応のひとつとしてメラニン色素が増加することで沈着を起こしやすい状態になってしまうわけです。

 

ですから考え方を変えれば適切な対策を行えばシミを防ぐことも、改善していくこともできるといえます。このあたりはクレーター状のデコボコ肌になってしまう肌との大きな違いでしょう。

 

対策ではこの基本的なメカニズムを踏まえたうえで適切な方法を取り入れていくことになります。メラニン色素が原因となっている以上美白化粧品が有効に思えますがこれには注意が必要です。美白化粧品に配合されている美白化粧品の多くはメラニン色素の生成を抑制する働きがメインのため、すでに沈着を起こしてしまったニキビ跡の解消には期待するほどの効果が得られない可能性があるからです。

ニキビ跡にはターンオーバーを促すケアをすること

ニキビ跡のシミ

ニキビ跡に紫外線を浴びるとますます濃くなる恐れがあるので予防効果もまったく役に立たないわけではありませんが、美白成分を使用する場合にはプラス沈着を起こしたメラニン色素を薄くする還元作用を備えた成分を選んだほうがよいでしょう。

 

ただニキビが治ったとはいえまだ刺激には要注意、還元作用に優れているハイドロキノンを使う場合には現在の自分の肌に使っても問題ないかどうかを確認しておきましょう。刺激が気になる場合には濃度が低い製品を使用するか、よりマイルドなビタミンC誘導体の使用がオススメです。

 

もうひとつ重要なのがターンオーバーを活性化させる対策です。メラニン色素が沈着を起こしてしまった角質と新しい角質を入れ替えることで薄くしていく効果が期待できます。また真皮層のコラーゲンを増やす対策もターンオーバーを促す上でも大事な点です。ターンオーバーの活性化にはプラセンタやEGFといった細胞を活性化させる成分、コラーゲンを増やすにはビタミンC誘導体やレチノールといった成分が役立ちます。

 

あとはメイクで隠そうと意識するあまりファンデーションを厚塗りしたり、クレンジングで負担をかけてしまうようなことがないよう、メイク環境にも注意しましょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>