乾燥肌は美白効果を実感しにくいのでしょうか?

乾燥肌は刺激に敏感なこともあってシミやくすみの悩みを抱えやすいものです。それだけに美白対策も大事になってくるわけですが、ケアが難しい、実感しにくいといった問題も抱えています。

乾燥肌は効果の高い美白化粧品を使いづらいので実感しにくい

乾燥肌の美白

美白対策の大きな問題点は刺激に敏感な人ほどメラニン色素が生成されやすくシミができやすいのに対して美白化粧品は高い効果が期待できる製品ほど肌への負担が大きくなってしまいがちな点です。そのためもっとも美白効果が求められる人にもっとも強力な美白化粧品が適さないという難しい問題も出てくるのです。

 

実感しにくい最大の問題はこうした「効果の高い美白化粧品を使いづらい」点です。たとえば美白効果という点ではハイドロキノンが一番で、濃度の高い5パーセント程度のものを使用すればシミ・くすみの予防はもちろん、すでに沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする効果もかなり期待できます。

 

しかし乾燥肌にはハイドロキノンは刺激が強くて肌荒れを起こすなどのリスクが高く、使用には十分な注意が必要です。乾燥肌にはハイドロキノンは適さないという意見もありますし、使う場合には濃度の低い1パーセントから使い始めて様子を見たほうがよいというのが一般的な見解です。

乾燥肌は美白成分が浸透しにくく蒸発しやすい

乾燥肌の美白

このようにそもそも美白化粧品をうまく使えないという難点に加えて有効成分が浸透しにくい点も実感しにくい大きな理由です。スキンケア製品で補う有効成分は毛穴を通して角質層へと浸透していきます。乾燥肌の場合は表面がカサカサに乾燥として硬くなっているうえに毛穴の柔軟性も失われて細く硬い状態になってしまっています。そのためせっかく有効成分を補っても十分に浸透しにくいのです。

 

しかも角質層で保湿成分が不足している影響で水分を抱え込む働きも低下しているため、せっかく補った有効成分もすぐ蒸発してしまい効果が持続しにくいのです。

 

さらに乾燥肌はターンオーバーも乱れがちなので古い角質が蓄積してシミやくすみが起こりやすい点も厄介です。

 

これだけ条件がそろっていれば美白効果が実感しにくいのは当然といえるでしょう。それだけに美白対策を行っていく場合には美白成分でのケアはもちろん、保湿対策もうまく行いつつ乾燥を改善していく工夫が求められます。美白化粧品を選ぶ場合にも美白と保湿の両方が備わっているものを選んでみましょう。

 

また美容液だけでなくクリームでも保湿を行っていくとより効果的に乾燥肌を改善していくことができます。こうしたスキンケア全体の環境も意識しておきたいところです。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!