肌荒ればかり…もしかして喫煙が原因なのでしょうか?

喫煙の習慣がある方が肌荒れに悩まされている場合にはタバコが原因の可能性があります。健康面へのさまざまな悪影響が指摘されている喫煙の習慣ですが、美容への影響も見逃せません。

喫煙による肌荒れの最大の要因がニコチンによる血行障害

タバコと肌荒れ

喫煙が肌荒れをもたらす最大の要因とされているのがニコチンによる血行障害です。タバコに含まれる有害物質の代表格として扱われることが多いニコチンは脳をリラックスさせて落ち着いた状態をもたらす働きを持っています。喫煙者がタバコをなかなかやめられないのもおもにこの効果によるものなのですが、それだけでなくさまざまな影響を体にもたらします。

 

とくに血行を収縮させてしまう作用が要注意で、血液が肌に栄養と酸素を送り届けるメカニズムが低下してしまうとターンオーバーの低下や新しく作られる肌の質の低下などを引き起こしてしまいます。

 

もうひとつ、ニコチンにはビタミンCを消費してしまうという大きな問題も抱えています。抗酸化成分としておなじみのビタミンCがニコチンの影響で不足してしまうと活性酸素が増加しやすくなり、細胞の老化が加速することで肌トラブルが起こりやすくなっていきます。

 

老化が進むとまず角質層の保湿成分が減少していきますから、乾燥とともにバリア機能が低下し紫外線をはじめとした刺激に対して過敏になり肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。ビタミンCは体内では合成できず、つねに体内から補い続ける必要があるビタミンだけにニコチンによる消費は大きな問題です。

ストレスを抱えて喫煙量が多くなると老化も加速

タバコと肌荒れ

なお、ストレスの蓄積もビタミンCを消費させてしまう要因ですから、ストレスを抱えて喫煙量が多くなってしまっている状態だと老化がどんどん加速してしまう怖い状況になってしまいます。

 

タバコといえばもうひとつ、一酸化炭素の影響も見逃せません。この一酸化炭素はヘモグロビンと結びつくことで血液中の酸素を減らしてしまう影響をもたらすため、先ほど挙げた肌に酸素と栄養を届ける機能の低下をもたらしてしまいます。それがターンオーバーの低下、乾燥、バリア機能の低下といった影響を及ぼすことになります。

 

さらにタバコに含まれるタールが体内に入り込むと活性酸素が増加し、細胞の老化も進んでいくことになります。

 

このようにタバコに含まれている物質には肌に悪影響を及ぼすさまざまな要因が潜んでいます。美容に関しては百害あって一利なしといってもよいでしょう。一生懸命スキンケアを行っても十分な効果が得られない方はまず禁煙から取り組んでみてはいかがでしょうか。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>