美白のために心がけたい・避けたい生活習慣とはどんなことなのでしょうか?

シミやくすみは肌の表面に起こるトラブルですが、その原因は肌だけでなく体の内面にも潜んでいます。それだけに美白対策ではスキンケアだけでなく、日常生活の中で体のケアも行っていくことが大事なのです。生活習慣に問題を抱えていると美白化粧品での効果が十分に得られなかったり、場合によっては美白ケアそのものが思うようにできなくなってしまうこともあります。

美白のための生活習慣では紫外線対策が重要

美白のための生活習慣

生活習慣における最大のポイントは紫外線対策です。いくら美白化粧品でメラニン色素の生成をブロックしても生成される原因となる紫外線のダメージを受け続けているのでは十分な効果が期待できません。日差しを浴びる時間や量に合わせて適切な紫外線対策を心がけましょう。

 

ただ日焼け止めが肌に負担をかけてしまう恐れもあるのであくまで肌にあった対策を取り入れていくことが大事です。日焼け止めだけでなく乳液やクリームでも紫外線を防ぐ、帽子や日傘など直接日差しをさえぎることができるアイテムを使用するといった方法もオススメです。

 

それから睡眠環境の改善。よく知られているように睡眠中はターンオーバーがもっとも活発になります。ターンオーバーがしっかり機能していれば生成されたメラニン色素も排出され、沈着を起こすリスクが少なくなります。現代人は睡眠時間が不足がちといわれていますし、夜更かしなどで不規則な睡眠環境になりがちです。

睡眠環境の改善やお酒を控えることも美白のための生活習慣

美白のための生活習慣

しかもストレスの影響で睡眠障害に陥ってしまうことも多く、充実した睡眠環境を維持できているかどうかが肌環境にも大きな影響を及ぼします。睡眠時間を確保するのはもちろん、できるだけ毎日同じ時間に眠るようにすることや、深い睡眠をとるなど睡眠の質を高める工夫も行いましょう。スマホやパソコンでついつい夜更かししてしまっている方はとくに気をつけたい部分です。

 

その睡眠環境ともかかわってくる点ですがお酒の飲み過ぎも要注意です。適度な量を心がけていれば血行改善にも役立ちますが、飲み過ぎるとアルコールを分解するために肝臓に負担がかかったり、分解の際に必要なビタミンB群が不足したりといった問題が起こります。

 

とくにビタミンB群は肌の生成と密接にかかわっている成分だけに不足すると肌荒れの大きな原因となってしまいます。肌が荒れやすくなればその分刺激に敏感になり、メラニン色素が多くなってシミ・くすみが起こりやすくなる、というわけです。

 

このように食生活と睡眠環境というごく基本的な部分も美白対策に非常に大きな影響を及ぼします。この基本的な部分を踏まえつつストレスの解消や運動も取り入れていけば生活習慣の段階から美白ケアを行っていくことができるでしょう。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!