美白化粧品はプチプラはダメ?どうして値段が違うのでしょうか?

近年の化粧品業界ではプチプラ化粧品が人気を高めており、市場規模を拡大させています。価格の安い、製品によっては1000円未満で購入できる製品が人気を集めている背景には高級志向が進みすぎた化粧品業界の動向への反動も見られます。

美白化粧品の価格は製造コストの違いによってかわることがある

プチプラの美白化粧品

数千円は当たり前、中には1万円を超えるような高価な化粧品も珍しくなく、「お金をたくさんかけることがしっかりケアをしている証拠」的な状況もあります。本当にそれでいいのか?高い化粧品を変えるお金がない人でもしっかりケアを行っていくことはできないのか、という需要に応える形で登場したのがプチプラ化粧品とも言えるでしょう。

 

当初は化粧水をメインに広がっていったプチプラ化粧品も現在では幅広いアイテムを見つけることができます。美白化粧品もかなり安い価格の製品が増えており、これまででは信じられないほどの低価格で美白ケアを行っていける環境が整いつつある状況なのです。

 

低価格の美白化粧品が登場しているということはプチプラでも十分に美白ケアができることを意味していますが、ただどれだけ効果があるのか、という疑問も出てきます。とくに美白化粧品は特別な成分や処方が必要なイメージが強いことから低価格の製品ではたいした効果はないんじゃないかと疑問に思うのも当然かもしれません。しかし必ずしもプチプラの美白化粧品では十分な効果は得られない、というわけではありません

ビタミンC誘導体はコストも安く高い効果が期待できる美白成分

プチプラの美白化粧品

この点に関しては価格の違いも踏まえたうえでプチプラ化粧品のポイントを知っておく必要もあるでしょう。価格の違いは簡単に言えば製造コストをどれだけかけたかで決まります。コストが高くつけばそれを回収するために値段も高くなるわけです。化粧品の場合には最新の研究・技術によって新しい成分が配合されたり、浸透性や持続性をアップするための特別な処方が施されたりした場合にコストが高くなります。

 

その意味では高価な製品のほうが高い効果が期待できる面もあるわけですが、最新の成分でなくても、とくに効果を高めるために特別な処方を用いなくても効果の高い化粧品を作ることは可能です。これまでの研究・技術の積み重ねでいろいろな成分・処方が低コストで作ることができるようになっている現在ならプチプラでも非常に優れた製品が可能なのです。

 

また、美白成分の選択肢が広がった点もプチプラを使いやすくなっている理由のひとつです。ハイドロキノンのような特別な美白成分を使わず、ビタミンC誘導体やプラセンタといったおなじみの成分を美白成分として配合した製品も増えています。とくにビタミンC誘導体は製造コストも安く済むうえに肌への負担も少ないので美白成分として人気を高めています。

 

高価な製品はテレビCMなどの宣伝費を回収するために価格を高く設定しているケースも見られます。こうした点からも美白化粧品は価格だけで判断するのではなく、あくまで内容で判断し、自分の肌に合っているかどうかも踏まえたうえで適切な製品を選ぶことが大事なのです。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>