シミやくすみ対策にフラーレンは効果的?その特徴は?

フラーレンといえばEGFなどとともに「ノーベル賞受賞成分」と呼ばれて一時期注目を集めました。

フラーレンにはビタミンCのじつに120倍もの作用があり、老化のトラブルの改善にも効果が

技術・研究の進歩によってスキンケア製品にも配合される機会が増えており、その優れた作用が美容方面で期待されています。

 

もともとフラーレンは優れた抗酸化作用によって美容業界で知られるようになった成分です。

 

抗酸化作用といえば細胞を老化させる原因となる活性酸素を抑制する働きですが、このフラーレンにはビタミンCのじつに120倍もの作用が備わっているといわれています。

 

ビタミンCは安定性と浸透性に難があるため、通常はブドウ糖などの物質と結合させてやや効果が弱くなったビタミンC誘導体の形で配合されていますから、いかにフラーレンの抗酸化作用が優れているかが窺えます。

 

しかも研究が進んだことで他にもさまざまな作用が明らかになっており、シミやくすみ対策といった年齢肌が抱えやすいトラブルに対しても役立てられる機会が増えています。

 

老化を防ぐだけでなく、老化によって抱えてしまったトラブルの改善にも効果が期待できるというわけです。

 

シミ・くすみ対策に役立つ点ではまず美白成分としての作用が挙げられます。多くの美白成分と同様にシミの原因となるメラニン色素の生成をブロックする働きがあります。

 

この茶褐色のメラニン色素が紫外線など外部からの刺激の影響で過剰に生成されるとターンオーバーで排出しきれなくなって沈着を起こしシミになってしまうのです。

 

つまりシミ・くすみの原因を根本から排除できることになります。

メラニンのブロックとターンオーバー活性化の働き両面で美白対策ができる

そしてもうひとつ重要なポイントなのがターンオーバーを活性化させる働きです。人間の肌は常に古い肌から新しい肌への入れ替わりが行われています。

 

通常その周期は28日といわれていますが、年齢を重ねるにつれて遅くなっていきます。

 

40代になると40日以上、50代にもなると50日を越えるとも言われ、その結果メラニン色素が排出されないまま沈着を起こしてシミになったり、古い角質が表面に蓄積して角質肥厚によるくすみが起こってしまいます。

 

フラーレンにはそんなターンオーバーを活性化し、新しい肌と古い肌の入れ替わりを促す働きがあるのです。

 

多くの美白成分はメラニン色素をブロックする働きに効果が限定されるため、美白化粧品では通常ターンオーバーを活性化させる成分と組み合わせて配合されます。

 

そうすることでメラニンをブロックしつつ排出を促すことができるからです。それに対してフラーレンはメラニンのブロックとターンオーバーの活性化の両方が備わっていると大きなメリットを備えていることになるのです。

 

こうしてみても美白成分としても非常に魅力的な成分であることがうかがえます。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>