シミやくすみ対策にアルブチンは効果的?その特徴は?

アルブチンは現在もっとも広く美白化粧品に使用されている美白成分のひとつといってもよいでしょう。

アルブチンはハイドロキノンのメリットとデメリットを踏まえて生まれた美白成分である

この成分はハイドロキノンのメリット、デメリットを踏まえたうえで生まれた成分のため、メリットを活かしつつデメリットを抑えた内容になっているのが特徴です。

 

ハイドロキノンといえば非常に優れた美白作用を備えている一方、肌への負担も大きく、肌荒れを起こすなど副作用のリスクも指摘されています。さらに効果が強すぎて白斑の症状が起こるなどの難点も。

 

そこでアルブチンではハイドロキノンよりも美白作用を抑え目にする一方で肌に優しい内容に作られました。この点こそアルブチンの最大の特徴であり、メリットとなっているのです。

 

では具体的にどのような美白効果が備わっているのか?そのポイントはシミの原因となるメラニン色素が精製される仕組みにあります。

 

紫外線を浴びることで生成されることがよく知られているメラニン色素ですが、実際には肌が刺激を受けたときの防御反応として作られます。

メラニン色素の生成を防ぐことが目的なので、すでにできてしまったシミへの効果は期待できない

肌が刺激を受けたときにチロシナーゼという酵素が働き、メラノサイトという組織でメラニン色素が作られはじめるのですが、アルブチンにはこのチロシナーゼの働きを阻害する働きがあり、メラニン色素の生成そのものをブロックすることができるのです。

 

つまりシミの原因を根本からシャットアウトすることで美白対策を行っていくことができる、ということになります。しかも肌への刺激も少なく、ハイドロキノンのような副作用、リスクもほとんどありません。

 

もともとシミの悩みを抱えている方は乾燥やバリア機能といったトラブルも抱えていることが多く、ハイドロキノンのような刺激に強い美白成分が使えないことも少なくありません。

 

それだけにアルブチンは本当に美白化粧品を求めている人も使える成分として非常に魅力的な面を備えているため、多くの美白化粧品で使用されているのです。

 

ただし、このアルブチンには限界もあります。あくまでメラニン色素の生成をブロックすることが目的のため、すでに沈着を起こしてしまったシミを薄くしたり消す効果は期待できません。

 

そのためターンオーバーの活性化をもたらす成分や他の美白成分と組み合わせて配合されることが多く、美白化粧品を選ぶ際にはどんな成分と組み合わされているのかをよくチェックした上で判断する必要があります。

 

ビタミンCとの相性がよく、両方を組み合わせた製品が効果が高いといわれています。ハイドロキノンを使ってみたけど肌に合わなかった、またはハイドロキノンはちょっと不安、という方にとってもこの成分はよい選択肢となるでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>