美白サプリはどんな効果がある?上手な選び方や副作用は?

美白対策といえば美白化粧品、肌に直接使用することで美白成分を浸透させて効果を発揮するものがまず連想されますが、現在では体に内面からアプローチする美白対策にも注目が集まっています。とくにサプリメントは有効成分を効率よく摂取できるうえ、美白化粧品のように肌に負担をかけるリスクがないため積極的に活用する方が増えています(参照:シミ・そばかす、日焼け予防に使ってみたい美白サプリ)。

美白サプリは肌喚起うそのものを改善する成分が配合されているタイプが多い

30代オールインワン口コミ

この美白対策にサプリメントを活用していく場合には2つの選択肢があります。

 

もともと美白対策用に作られた美白サプリを使用する方法と、広く市販されているサプリメントの中から美白対策に使えそうなものを自分で選んで使用する方法です。手軽さでは前者ですが、より高い効果を得たいなら後者の方が適している面もあります。

 

内面からの美白対策ではターンオーバーの活性化や活性酸素の抑制といった体のメカニズムそのものを改善していく対策も役立つからです。

 

そもそも美白サプリとして売り出されている製品も美白成分をメインにしておらず、肌環境を改善する有効成分を配合しているタイプがほとんどです。

 

ハイドロキノンやアルブチンといったよく知られた美白成分はあくまで肌に塗付することを前提に作られたものですし、美白成分を体内に取り入れたとしても肌に塗付するほどの効果は期待できないからです。

 

ですから美白サプリ選びではシミ・くすみに直接効果を発揮するかどうかではなく、肌環境を改善してシミ・くすみができにくく、消しやすい状態にしてくれるかを重視してチェックしていくことになります。

美白のためのサプリ選びではエイジングケア全般や抗酸化作用のある成分が配合されているサプリも有効

30代オールインワン口コミ

選び方としては活性酸素を抑制する抗酸化作用が備わっているかでしょう。

 

そもそもメラニン色素は紫外線などの刺激によって活性酸素が増加することで生成が促されます。ですから抗酸化成分で活性酸素の生成を抑制すればメラニン色素も減らし、シミ・くすみのリスクを軽減することができるわけです。

 

ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチン、コエンザイムQ10など。美白サプリ以外でもエイジングケア向けのサプリにこうした成分がよく配合されているので確認してみましょう。

 

それから保湿効果。肌の乾燥とバリア機能を改善すれば紫外線のダメージを受けにくくなり、メラニン色素を減らすことができます。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分のほか、青魚に多く含まれていることで有名なオメガ3系の不飽和脂肪酸などもお勧めです。

 

このように、美白目的でサプリメントを活用していく場合には美白サプリという名称だけにとらわれず、美白対策に役立つ成分を摂取できそうなサプリを広く探し求めていくことも必要です。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>