うっかり日焼けしてしまった時の効果的な美白ケアとは?

紫外線対策は予防が何よりも大事ですが、ついうっかり日焼けしてしまうケースも起こりえます。海水浴のときに現地で使おうと思っていた日焼け止めを忘れてしまった、あるいは想定したよりもずっと紫外線が強かったので使った日焼け止めでは十分な効果が得られなかった…そんな時には日焼け後のアフターケアをしっかり行いましょう。

うっかり日焼けをした場合は半日〜1日かけてじっくり冷やすことが重要

30代オールインワン口コミ

うっかり日焼けしてしまった場合にはまず何よりもその部分を冷やしましょう。日焼けは簡単に言えば軽い火傷を起こした状態ですから、ますそれを落ち着かせるために冷やすことが大事なのです。

 

注意したいのは火傷のように応急処置として水や氷水を当てて冷やすだけでなく、半日〜1日かけて冷やすよう心がけることです。

 

肌の炎症は日焼けしてから半日〜1日ほど経過してから起こることが多いのでこれ以上の肌トラブルを避けるうえで非常に重要なポイントとなります。

 

氷水や水だけでなく保冷剤、水風呂などでもうまく冷やすようにしましょう。この日焼け後の1日のケアで肌の状態に大きな差が出てくるといわれています。

 

冷やした後はスキンケアを行っていくわけですが、注意したいのは美白ケアといっても美白化粧品をすぐに使用しないことです。肌がダメージを受けてバリア機能が低下してしまっている状態ですから、すぐに美白化粧品を使用すると肌に負担をかけてしまう恐れがあります

 

まずはダメージとバリア機能の低下を改善するための保湿対策を行っていきましょう。もしヒリヒリする状態が残っている場合には軟膏を使って落ち着くまで待ちましょう。

日焼けした後はクリームで肌表面の乾燥を保護して水分摂取をしっかり行う

30代オールインワン口コミ

それから化粧水で肌を整え、美容液で保湿成分をしっかりと補っていきます。

 

この日焼け後の保湿ケアで重要なのはクリームの存在です。日焼けした肌は表面が乾燥していますから、クリームを補って保護するほか、化粧水と美容液で補った水分と美容液が蒸発して逃げていかないようしっかりフタをすることが必要なのです。

 

もうひとつ、体の内面からのケアも取り入れていきましょう。まず水分不足を解消するために水分をしっかりととること、そしてビタミンC、ビタミンEといった活性酸素を抑制する抗酸化成分を取り入れていきましょう。

 

活性酸素が増加するとメラニン色素の生成が促されてしまうので内面からのケアも求められるのです。

 

こうしたケアで肌が落ち着いたら最後に美白ケアということになります。それもできるだけ肌に負担をかけないタイプの美白化粧品で行っていきましょう。美白効果だけでなくターンオーバーの活性化や抗酸化作用を備えた製品がお勧めです

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!