ビタミンCやアルブチン、美白成分の種類や効果の違いとは?

美白化粧品には必ず美白成分が配合されています。この成分がシミの原因となるメラニン色素にアプローチすることによってシミの予防・改善効果を発揮してくれるわけです。研究や技術が進歩したこともあっていろいろな美容成分が配合される機会が増えており、どの成分にどんな働きやメリットがあるのかを踏まえたうえで選んでいく必要が出てきています。

美白成分の中で最も効果が高いのはハイドロキノンだが刺激も強い

美白美容液口コミ人気

また美白成分は効果が高いほど肌への刺激が強い部分もあるのでその点の見極めも大事です。

 

美白成分といえばもっとも有名なのがハイドロキノンです。「肌の漂白剤」とも言われ、もっとも優れた美白効果を備えた成分でもあります。しかし近年発売される美白化粧品では配合される機会が減っています。

 

それは優れた効果に対して肌への刺激が強く、健康・安全志向が高まっている現在の美容業界ではあまり歓迎されていないからです。ただ、他の成分がシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する予防効果に限られているのに対してこちらはすでに沈着を起こしてシミになってしまったメラニン色素を薄くする還元作用を備えています

 

そのためできてしまったシミへの対策には現在でもこれが一番優れた選択肢です。肌への影響が考慮され、この成分が配合されている成分には1〜5パーセントまでの濃度が掲載されています。

 

そんなハイドロキノンの刺激の強さを克服した美白成分として登場し、現在ではもっとも広く使われている成分のひとつとなっているのがアルブチンです。ハイドロキノン誘導体とも呼ばれています。

肝斑治療で使われるトラネキサム酸にもメラニン色素生成を抑える働きがある

美白美容液口コミ人気

ハイドロキノンに比べると美白効果は弱く、還元作用も備わっていませんが、その分肌に負担がかからず肌質を問わず利用できるのが大きな特徴です。

 

メラニン色素を作り出すのに深く作用しているチロシナーゼという酵素を阻害する働きがあります。

 

もうひとつ、メジャーに美白成分としてよく使用されるのがトラネキサム酸です。もともと皮膚科で肝斑の治療に用いられていた成分ですが、プロスタグランジンというメラニン色素の生成を促す因子の発生を抑制することでシミを防ぐ働きを備えています。

 

ほかには植物由来のエラグ酸、カモミラET、美容成分としておなじみのプラセンタなども美白化粧品に配合される機会が増えています。あとはビタミンC誘導体。これも美容成分として有名ですが、美白成分としてはハイドロキノンと同様にできてしまったシミを薄くする還元作用が備わっているのが特徴です。

 

そのため予防効果だけでは物足りない、でもハイドロキノンは肌への刺激が気になる、という方の間で注目されています。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>