SPFやPAとは?日焼け止め選びで気を付けたい事は?

日焼け止めで紫外線対策を行う場合にはそもそも紫外線とはどのようなものなのか、そして自分にはどんな日焼け止めがよいのかをよく把握しておきましょう。これはしっかりと紫外線のダメージをカットできるかどうかだけでなく、自分の肌に合った日焼け止めを選ぶ上でもとても大きな意味を持ちます。

紫外線は3種類あり地上に届くのはUVAとUVB

美白美容液口コミ人気

紫外線には大きく3つの種類があります。UVA、UVB、UVCです。そのうち地上にまで届くのは最初の2つ。そしてこの2つには肌に与える影響に若干の違いがあります。

 

UVAは肌の内部にまで届いて影響を与えるため、角質層に活性酸素を作り出す原因になったり、真皮層のコラーゲン、エラスチンを破壊してしまったりします。そのためおもにシワやたるみの原因なります。しかも波長が長く、曇り空でも雲を突き抜けて地上に降り注ぐなど注意が必要な面も備えています。

 

それに対してUVBは波長が短く肌の奥にまで届かない分、表面に大きな影響を及ぼします。海水浴やスキーなどレジャーに赴いた際に日焼けをするのもおもにこのタイプの紫外線の影響で、メラニン色素の生成を促すことでシミやくすみ、そばかすの原因となります。長時間外出する際にとくに注意したい紫外線といえます。

 

そして日焼け止めに記載されているSPFやPAという数値はこの2つの紫外線をどれだけカットできるかを示す指標となっています。SPFはUVB、PAはUVAをそれぞれカットできる指標となっているので選ぶ際の重要なポイントとなります。

 

SPFはSPF30など数値の形で表示されていますが、これは数字の分だけ紫外線の影響を防ぐことができる、つまりSPF30なら日焼けを起こすのを30倍遅らせることができるという意味です。

日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2タイプがある

美白美容液口コミ人気

ですから日焼けを避けたい場合にはSPFを、シミやたるみを防ぎたいならPAを重視して選ぶ、という選び方も可能なわけです。

 

もうひとつ、日焼け止め選びでは紫外線を防ぐためのメカニズムにも注意が必要です。おもに紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。このうち効果が高いのは紫外線吸収剤で、肌に浴びた紫外線を化学反応で熱などの異なるエネルギーへ変換して排除・消費することができます。

 

ただこの化学反応の際に肌に影響を及ぼす恐れがあるので乾燥肌・敏感肌の方が使用すると負担がかかってしまう恐れがあります。それに対して紫外線散乱剤はそもそも紫外線を跳ね返して肌に浴びる量を減らす効果が備わっています。

 

基本的にはこちらのほうが肌に優しいので日焼け止めの刺激が気になるという方はこちらがお勧めです。こうした紫外線の種類や日焼け止めの種類を知っておけばより自分にあった日焼け止めで無理なく対策を行っていけるはずです。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!