配合される美白成分で効果が変わる?美白成分の種類

ビタミンC誘導体って、どんな美白成分?

メラニン生成を促すチロシナーゼを抑制する効果がある

ビタミンC誘導体といえば万能の美容成分とも言われ、さまざまな化粧品に配合されている成分です。

 

美白成分としてよりもむしろ抗酸化成分としての面の方が有名でしょう。

 

しかしビタミンC誘導体は美白成分としても優れた面を備えており、美白化粧品にも広く使用されています。

 

ビタミンC誘導体とはビタミンCにブドウ糖などの物質を結合させて作られた成分です。

 

ビタミンCは優れた美容効果を備えている一方、安定性と浸透性に問題を抱えており、そのまま化粧品に配合しても十分に効果を発揮することができないのです。

 

そのため他の物質と結合されることで安定性を増したのがビタミンC誘導体です。

 

そんなビタミンC誘導体の美白効果のポイントは2つあります。まずメラニン色素の生成を抑制する効果

肌への刺激が少ない点も大きな魅力

他の美白成分にも備わっているメラニン色素の生成を促すチロシナーゼという酵素の働きを阻害する効果があります。

 

メラニン色素の生成そのものを減らすことで沈着によるシミ・くすみが起こりにくい環境にすることができるのです。

 

もうひとつのポイントは還元作用。メラニン色素の生成抑制はシミ・くすみの予防効果がメインですが、こちらはすでに茶褐色化して沈着を起こしてしまったメラニンを薄める効果があります。

 

すでに出来てしまったシミ・くすみ、年齢とともに濃さを増しているシミを目立たなくさせるのに役立つのです。現在美白化粧品にはさまざまな美白成分が使用されていますが、この還元作用が備わっているのはこのビタミンC誘導体とハイドロキノンだけです。

 

また肌への刺激が少ない点も大きなメリットです。ハイドロキノンに比べると美白効果は劣りますが、刺激が少ないため乾燥・敏感肌の方にも使用しやすいのです。

 

これまでなかなか肌に合う美白化粧品に出会えなかったという方にもよい選択肢となるでしょう。

 

他にもコラーゲンの生成を促す効果など間接的にシミ・くすみ対策に役立つ作用もあるため、シミ・くすみができにくい肌環境へ導く非常に役立つ成分でもあります。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

ハイドロキノンって、どんな美白成分?

効果が高いので使用は慎重に

ハイドロキノンは美白成分を代表する存在です。またその強力な作用からもっとも役立つ成分としても広く使用されています。

 

しかし一方では扱いが難しい面もあり、慎重な使用が求められる成分でもあります。

 

ハイドロキノンの特徴はなんといってもその強力な美白効果。その効果はアルブチンの100倍とも言われています。

 

その強い効果からかつては医療用においてのみ使用が可能とされていたのですが、薬事法の改正によって医薬部外品での使用も可能になりました。

 

ハイドロキノンは2つの美白効果を兼ね備えています。まずメラニン色素の生成を抑制する効果

 

紫外線や炎症によって肌に刺激がもたらされたときにメラノサイトからメラニン色素が作られますが、その際にはチロシナーゼという酵素がメラノサイトに働きかけるなどの活動を行います。

 

ハイドロキノンはそのチロシナーゼの活動を阻害・抑制することでメラニン色素が作られにくい環境を作り出すことができるのです

濃度の低い物から試してみる

そしてもうひとつが還元作用。こちらがハイドロキノンの最大のメリットとも言われています。

 

メラニン色素生成の抑制はあくまでシミ・くすみの予防がメインのため、すでにできてしまったシミの改善には効果があまり期待できません。

 

還元作用はそんなできたシミを薄くする効果があるのです。

 

この効果を備えている美白成分は他にビタミンC誘導体があるのみで、しかもその効果はハイドロキノンの方が断然上。そのため濃くなったシミを薄くしたい、くすみを改善したいと強く願っている方にとっては最高の選択肢となるのです。

 

ただし冒頭にも挙げたように効果が強すぎたり、肌への刺激が強いといった扱いづらい面もあります。あくまで肌に負担をかけすぎない状況で安全に使用していくことが大前提になります。

 

メリットよりもデメリットの方が多くならないよう、製品選びの段階から慎重に検討していきましょう。ハイドロキノンを配合した美白化粧品には濃度が掲載されていますから、はじめは濃度が低いものから試して肌との相性を確認しながら使っていくのがオススメです。

アルブチンって、どんな美白成分?

メラニン色素の生成を抑制してシミ・くすみを防ぐ

ハイドロキノンに代わる美白成分として注目を集めているのがアルブチンです。美白化粧品に配合される機会も増えています。

 

アルブチンにはαアルブチンβアルブチンの2種類があります。

 

このうち美白化粧品に広く使用されているのはαアルブチンの方で、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させることで作られています。

 

そのため効果や作用がハイドロキノンに近いのも大きな特徴です。なお、βアルブチンは植物から抽出された天然のもので、美白効果に関してはαによりもかなり劣ります。

 

おもな効果はメラニン色素の生成の抑制

 

シミ・くすみのおもな原因となるメラニン色素は紫外線などで肌に刺激が生じることで生成量が増加しますが、その際にはメラニン色素を作るメラノサイトに働きかけるチロシナーゼという酵素が重要な働きを担います。

 

アルブチンはこのチロシナーゼの働きを阻害・抑制することでメラニンの生成量を抑制し、沈着によるシミ・くすみを防ぐことができるのです。

還元作用はないが効果が緩やかで使いやすい

ハイドロキノンは非常に強力な美白効果が備わっている一方、肌への刺激が強いという難点を抱えています。

 

肌に合わない濃度のハイドロキノンを使用すると肌荒れを起こしたり、肌が過剰に漂白されて生じる白斑といったトラブルを抱えてしまう恐れもあります。

 

それに対してアルブチンは効果が緩やかなため、刺激に敏感な肌にも使いやすく、副作用のリスクを気にすることなく使用していけるメリットがあります。

 

美白効果に関してはハイドロキノンに比べて劣りますが、安全面のメリットから広く使用されるようになっているのです。もうひとつ、ハイドロキノンとの違いとしては効果がメラニン色素の生成の抑制に限定されている点も挙げられます。

 

ハイドロキノンはすでに生じてしまったシミ・くすみを薄くする還元作用が備わっていますが、アルブチンにはそれがないため、ターンオーバーを促す成分と合わせて使用するなどの工夫も必要です。

 

とくにビタミンC誘導体との相性が良いといわれていますから、その辺も考慮に入れたうえで賢く活用していくことが求められるでしょう。

トラネキサム酸って、どんな美白成分?

肝斑にも優れた効果を発揮

トラネキサム酸はもともと医療の分野で広く使用されてきた成分です。

 

もともとは止血剤アレルギー対策のために使用されており、その効果を応用する形で美白成分として活用されるようになっています。

 

そのため他の美白成分と比べても安全性が高いのが大きな特徴です。

 

もうひとつ、このトラネキサム酸には大きな特徴があります。それは肝斑にも効果があること。

 

30代〜40代にかけての女性に多く見られる肝斑はホルモンバランスの乱れが原因ともいわれており、通常のシミ対策では十分な効果が得られません

 

トラネキサム酸はそんな肝斑の改善に優れた効果を発揮します。医療機関で行われる肝斑の治療でももっぱらこの美白成分が用いられています。

 

シミ・くすみ対策としてのトラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制する効果が備わっています。

 

多くの美白成分にも同様の効果が備わっていますが、その多くがメラノサイトにメラニン色素の生成を働きかけるチロシナーゼという酵素を抑制する効果を備えています。

他の有効成分とうまく組み合わせて、トラネキサム酸を美白に活用しよう

それにに対し、トラネキサム酸はプラスミンと呼ばれるメラノサイトの活性化因子を阻害する働きを備えているのが特徴です。

 

このプラスミンは血液が固まるのを防ぐ働きもあるため、この成分が止血剤として役立てられてきたのです。

 

プラスミンは紫外線や女性ホルモンの影響でメラニン色素が増加・蓄積されていくのを初期の段階で防ぐ効果があります。

 

それが肝斑の改善役立つ理由ともされているのですが、その分他の美白成分によりも優れた予防効果があるとも言います。

 

ただし、シミ・くすみ対策においては基本的に予防効果に限定されるため、ターンオーバーを促す成分など他の有効成分とうまく組み合わせて対策を行っていくのが賢い方法です。

 

そのためトラネキサム酸が配合されている美白化粧品を探す場合には他の有効成分も細かくチェックし、美白化粧品としての総合的な効果やクオリティを判断したうえで選ぶことが重要になってきます。

エラグ酸って、どんな美白成分?

低刺激で敏感・乾燥肌の方も安心

エラグ酸は最近になって注目を集める機会が増えてきた美白成分です。

 

従来の美白成分の特徴を備えつつ、安全性の高さを備えているのが大きな特徴です。

 

美白成分はハイドロキノンに代表されるように効果が高ければ高いほど肌への刺激も大きくなるという難点を抱えているため、低刺激で美白対策に使用できるエラグ酸は乾燥・敏感肌に悩む方たちにとって非常によい選択肢となっているのです。

 

このエラグ酸は植物由来の成分で、イチゴやブルーベリーといった果物に多く含まれいます。

 

優れた抗酸化作用で知られるポリフェノールの一種でもあり、それまで腫瘍の予防に役立つ効果に着目されていました。

 

その後研究によって美白成分としての効果も備えていることが明らかになり、より広い範囲での活用が進められています。

 

エラグ酸の特徴はメラニン色素の生成を抑制する効果です。

 

メラニン色素は紫外線などの刺激を受けた際に肌を保護するために生成されるものですが、その生成量が多すぎるとターンオーバーで排出することができずに肌に残ってします。

抗酸化作用も備え注目度も高い

すると酸化によって茶褐色になった状態で沈着を起こすとシミやくすみとなるのです。

 

エラグ酸はそんなメラニン色素の生成を働きかけるチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する効果があります。

 

その効果も美白成分の中ではかなり上位にあり、ハイドロキノンにも匹敵するとの意見もあります。

 

また、冒頭にも挙げたように低刺激で安全性が高く副作用のリスクがほととんどないのも大きな魅力です。

 

抗酸化作用も備えていますから、肌の老化を防いでシミができにくい肌環境づくりに役立つ点も魅力です。

 

現在でもエラグ酸についての研究が進んでおり、働きがハイドロノンと似ていることがメラニンの抑制だけでなく還元作用も備わっているのではないか、との意見もあります。

 

美白成分としてはまだ新しいこともあり、濃度に関しても制限が設けられているなどこれからもっと広い活用が期待されています。今後とも注目していきたい美白成分といえるでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだ!口コミで人気の美白美容液>>

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
公式ホームページで詳しく見てみる!>>

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
公式ホームページで詳しく見てみる!>>