アルブチンって、どんな美白成分?

ハイドロキノンに代わる美白成分として注目を集めているのがアルブチンです。美白化粧品に配合される機会も増えています。

アルブチンはメラニン色素の生成を抑制、シミ・くすみを防ぐ効果

アルブチンにはαアルブチンβアルブチンの2種類があります。

 

このうち美白化粧品に広く使用されているのはαアルブチンの方で、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させることで作られています。そのため効果や作用がハイドロキノンに近いのも大きな特徴です。なお、βアルブチンは植物から抽出された天然のもので、美白効果に関してはαによりもかなり劣ります。

 

おもな効果はメラニン色素の生成の抑制。シミ・くすみのおもな原因となるメラニン色素は紫外線などで肌に刺激が生じることで生成量が増加しますが、その際にはメラニン色素を作るメラノサイトに働きかけるチロシナーゼという酵素が重要な働きを担います。

 

アルブチンはこのチロシナーゼの働きを阻害・抑制することでメラニンの生成量を抑制し、沈着によるシミ・くすみを防ぐことができるのです。

アルブチンにはシミの還元作用はないが効果が緩やかで使いやすい

ハイドロキノンは非常に強力な美白効果が備わっている一方、肌への刺激が強いという難点を抱えています。肌に合わない濃度のハイドロキノンを使用すると肌荒れを起こしたり、肌が過剰に漂白されて生じる白斑といったトラブルを抱えてしまう恐れもあります。

 

それに対してアルブチンは効果が緩やかなため、刺激に敏感な肌にも使いやすく、副作用のリスクを気にすることなく使用していけるメリットがあります。美白効果に関してはハイドロキノンに比べて劣りますが、安全面のメリットから広く使用されるようになっているのです。

 

もうひとつ、ハイドロキノンとの違いとしては効果がメラニン色素の生成の抑制に限定されている点も挙げられます。ハイドロキノンはすでに生じてしまったシミ・くすみを薄くする還元作用が備わっていますが、アルブチンにはそれがないため、ターンオーバーを促す成分と合わせて使用するなどの工夫も必要です。

 

とくにビタミンC誘導体との相性が良いといわれていますから、その辺も考慮に入れたうえで賢く活用していくことが求められるでしょう。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

関連ページ

ビタミンC誘導体 | 美白美容液の成分
美白美容液のビタミンC誘導体とは、どのような美白成分なのでしょうか? 美白成分に関するさまざまな情報を紹介しています。
ハイドロキノン | 美白美容液の成分
美白美容液のハイドロキノンとは、どのような美白成分なのでしょうか? 美白成分に関するさまざまな情報を紹介しています。
トラネキサム酸 | 美白美容液の成分
美白美容液のトラネキサム酸とは、どのような美白成分なのでしょうか? 美白成分に関するさまざまな情報を紹介しています。
エラグ酸 | 美白美容液の成分
美白美容液のエラグ酸とは、どのような美白成分なのでしょうか? 美白成分に関するさまざまな情報を紹介しています。