美白化粧品の医薬部外品ってなに?

美白化粧品をよく見るとたいていの製品に「医薬部外品」と表記されています。化粧品として売られているのにどうして医薬部外品なのか、疑問に思う方も多いようです。

 

またメーカー側でも医薬部外品であることを前面に押し出して効果や安全性をアピールしているケースも見られます。

「医薬部外品」は、予防を主な目的として作られている

この美白化粧品の医薬部外品とは何かを知るためにはまず医薬品、医薬部外品、一般の化粧品の違いを把握しておく必要があります。

 

医薬品とは私たちが一般的にイメージする「薬」のことです。医師の処方が必要なものから、ドラッグストアで入手できる第2類医薬品、第3類医薬品などいくつかの種類があります。

 

これらの医薬品は使用することで個人差こそあれ確実な効果が得られることを認められているものです。そのため効果の高さにおいてはもっとも優れているものの、副作用のリスクが伴うこともあります。

 

一方医薬部外品とは医薬品同様、使用することで特定の効果や効能が得られるものの、作用が穏やかで限定されているものを言います。

 

もっとも具体的に言えば厚生労働省によって効果が認められた成分が一定の濃度で含まれているものを医薬部外品として分類しています。医薬品がすでに抱えている体の異常を治療・改善するのを目的にしているのに対し、医薬部外品は予防をおもな目的で作られているのが特徴です。

厚労省に認められた成分が配合されている「医薬部外品」

化粧品は使用によって効果効能が期待できるものの、確実とは言えず、個人差があったり、まだ効果が十分に解明・認可されていない成分が使用されているのが大きな特徴です。そのため製品表示や紹介ページに明確に「肌を若返らせる」「乾燥を改善する」といった効果を表示することができません。

 

美白化粧品の大半はハイドロキノンアルブチンといった厚生労働省によって効果が認められた美白成分が配合されているため、そのほとんどが医薬部外品として扱われています。

 

そのため他の化粧品に比べても確かな効果が期待できるわけですが、その一方でハイドロキノンに代表されるように副作用のリスクが伴う場合もあります。購入する際に化粧品か、医薬部外品かを意識する必要はそれほどありませんが、使用する際には少し注意しておいた方がよいでしょう。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

関連ページ

美白成分の選び方のポイント
美白成分を選ぶ際のポイントとは、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
メラニン生成抑制作用 | 美白成分の作用
美白成分のメラニン生成抑制作用とは、どのような作用なのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
メラニン還元作用 | 美白成分の作用
美白成分のメラニン還元作用とは、どのような作用なのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
美白成分ハイドロキノンのメリットとデメリット
美白成分ハイドロキノンには、どのような特徴があるのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。