美白成分のメラニン還元作用って?

美白成分の作用の中でもメラニン還元作用は非常に大きな意味を持ちます。大半の美白化粧品はメラニン色素の生成を抑制する作用がメインとなっており、これからメラニン色素の沈着によってシミ・くすみができるのを予防するのがおもな目的となります。

 

それに対してメラニン還元作用はすでに沈着を起こし、シミ・くすみになってしまったメラニンを薄くすることができるのです。

老化(酸化)とメラニン色素の沈着の関係

還元とは簡単に言えば「元に戻す」ことです。人間の細胞は活性酸素の働きによって酸化していきます。これが老化です。

 

「体がさびる」と言いますが、鉄が酸化によってさびていくイメージとかなり重なる部分があるのです。30歳前後がお肌の曲がり角と呼ばれているのもこの老化(酸化)がはじまるからです。そしてこの酸化はメラニン色素の沈着やシミ・くすみとも深く関わっています。

 

紫外線などの刺激によって生成されたメラニン色素は角質層の内部で化学反応を起こして酸化していきます。その結果シミの原因となる黒褐色の状態になるのです。

 

このメラニンがターンオーバーによって正常に排出されていれば沈着を起こすこともないのですが、加齢や生活習慣の乱れでターンオーバーが乱れていたり、紫外線のダメージでメラニンの生成量が過剰になっていると排出しきれずにそのまま沈着してしまうのです。

できてしまったシミを薄くする「メラニン還元作用」

メラニン還元作用ではこの酸化によって黒褐色になったメラニンを無色の状態へと戻していくことができます。

 

メラニン生成の抑制作用ではカバーしきれないすでにできてしまったシミを薄くしていくことができるわけです。ですからシミが増える40代以降のケアにとくに重要になります。

 

現在美白化粧品に使用されている美白成分の中で還元作用を備えているのはハイドロキノンビタミンC誘導体の2種類です。

 

ハイドロキノンは非常に強力な還元作用を備えている一方、肌への刺激が強いという難点があります。一方ビタミンC誘導体は低刺激で安心して使用できる一方、ハイドロキノンに比べると効果がかなり劣ります。

 

すでにできてしまったシミ・くすみ対策にはこの2つの美白成分の一長一短を考慮しながら適切な選択をすることが求められるのです。

口コミ評価で選んでみた使ってみたい美白美容液口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ美白美容液

ホワイトショット SXS

気になるシミにピタッ!留まって美白成分を届け続けるスポット美白美容液
12,960円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

ホワイトショット CXS

あらゆるくすみ・広範囲のシミに!肌自ら白くなる力を引き出す美白美容液
16,200円・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

hakuv

次々と現れる隠れジミに!13年連続売上No.1の日本で最も売れている美白美容液
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

関連ページ

美白成分の選び方のポイント
美白成分を選ぶ際のポイントとは、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
メラニン生成抑制作用 | 美白成分の作用
美白成分のメラニン生成抑制作用とは、どのような作用なのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
美白化粧品の医薬部外品とは?
美白化粧品の医薬部外品とは、どのようなものなのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。
美白成分ハイドロキノンのメリットとデメリット
美白成分ハイドロキノンには、どのような特徴があるのでしょうか? 美白成分や美白美容液に関するさまざまな情報を紹介しています。